緑内障について

診療カレンダー

9月
28293031010203
04050607080910
11121314151617
18192021222324
25262728293001

:通常診療  :午前のみ診療  :休診日 

便利なオンライン予約ご予約希望の方はこちら

診療はご予約優先 お気軽にお電話ください 045-231-1103

主な目の病気について
メガネ・コンタクト処方

Sayaka’s Room ちょっといい話

Staff Blog

患者様の声

提携病院

けいゆう病院眼科

稲村眼科

スカイビル眼科

神奈川県立こども医療センター

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

病院まちねっと 当クリニックの院長がインタビューを受けました!

緑内障

緑内障は、視神経が障害される病気眼圧によって視神経がおかされ視野が欠けてしまう病気です。
眼球の房水という栄養分を含む液体が、過剰に溜まった時に角膜がむくんで瞳が青みがかった状態になるため、緑内障と言われるようになりました。
緑内障にかかると、視神経が障害され視野が狭くなり、眼圧の上昇が起きます。


緑内障は早期発見と適切な治療により、多くのケースでは一生十分な視野・視力を保つことができるようになっています。
失明するかもしれないという不安を抱きながら生活するよりも、自己管理をしっかりして「おかしいな?」と思った時はすぐに眼科医に相談して頂くことが大切です。


● 緑内障の視野障害の進行について

【初期】

目の中心をややはずれたところに暗点(見えない点)ができますが、ご自身で異常に気がつくことは殆どありません。


【中期】

暗点が拡大し、視野の欠損(見えない視野)が広がり始めます。
しかし、この段階でも片方の目によって補われるため、異常に気がつかないことが多くなっています。


【後期】

視野が更に狭くなり、視力も悪くなって、日常生活にも支障をきたすようになります。
また、更に放置すると失明に至る危険があります。

目の病気は何よりもお早めの受診が大切です。

どのような病気でも同様ですが、早期発見・早期治療に勝るものはありません。

特に、目の病気は、重症化することにより日常生活に支障をきたすことも多いものですから、気になる症状や不調を感じた場合には、まずはお早めに眼科を受診されることをお勧め致します。

クリニック概要


JR根岸線・横浜市営地下鉄「関内」駅より徒歩3分

イセザキモールの眼科

カトレヤeyeクリニック

〒231-0044 
横浜市中区福富町東通1-1
カトレヤメディカルセンター3F

TEL045-231-1103(イイヒトミ)

診療時間
09:30~12:30
14:00~17:30

休診日 水曜・土曜午後・日曜・祝日

当クリニックはご予約診療とさせて
  いただいております。
  待ち時間の短縮、十分な問診、検査のため、
  何卒よろしくお願いいたします。
  予約電話受付 9:00~13:00 / 14:00~18:00