白内障について

診療カレンダー

11月
30310102030405
06070809101112
13141516171819
20212223242526
27282930010203

:通常診療  :午前のみ診療  :休診日 

便利なオンライン予約ご予約希望の方はこちら

診療はご予約優先 お気軽にお電話ください 045-231-1103

主な目の病気について
メガネ・コンタクト処方

Sayaka’s Room ちょっといい話

Staff Blog

患者様の声

提携病院

けいゆう病院眼科

稲村眼科

スカイビル眼科

神奈川県立こども医療センター

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

病院まちねっと 当クリニックの院長がインタビューを受けました!

白内障

白内障とは、瞳孔の後ろにある水晶体が白く濁ってくる病気です。
白内障は、様々な原因で起こりますが、最も多いものは加齢によるものです。これは「加齢性白内障」と呼ばれ、個人差はありますが、誰でも年ととるにつれて水晶体は濁ってきます。「加齢性白内障」は一種の老化現象ですから、高齢者ほど多く発現します。
また最近では、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症として若い人の発病が増えています。その他、母親の体内で風疹に感染するなどが原因で生まれつき白内障になっているケースや、目の怪我や薬剤の副作用から白内障を起こす場合もあります。


白内障の自覚症状は、目の霞みや視力の低下などの、ごくありふれたものです。これらは、白内障の以外の多くの病気で現れ、その中には少しでも早く手を打たなければならない病気もあります。ですから、患者様ご自身の考えで白内障と判断するのはよくありません。
自覚症状や見た目に眼球が白く濁っていなくても、検査をすると水晶体の濁りが見つかる方が、40代でも30%、50代で50%、80代ではほぼ100%の方に白内障が確認されます。


以下のような症状を感じる場合は、お早めにご相談下さい。

  • 見ているものが霞んで見える
  • 光がまぶしくなり、明るい所ではものが見えにくい
  • 一時的に近くが見えやすくなる
  • 眼鏡が合わなくなる(眼鏡で矯正しても見えづらい)
  • 見ているものが二重、三重に見える

目の病気は何よりもお早めの受診が大切です。

どのような病気でも同様ですが、早期発見・早期治療に勝るものはありません。

特に、目の病気は、重症化することにより日常生活に支障をきたすことも多いものですから、気になる症状や不調を感じた場合には、まずはお早めに眼科を受診されることをお勧め致します。

クリニック概要


JR根岸線・横浜市営地下鉄「関内」駅より徒歩3分

イセザキモールの眼科

カトレヤeyeクリニック

〒231-0044 
横浜市中区福富町東通1-1
カトレヤメディカルセンター3F

TEL045-231-1103(イイヒトミ)

診療時間
09:30~12:30
14:00~17:30

休診日 水曜・土曜午後・日曜・祝日

当クリニックはご予約診療とさせて
  いただいております。
  待ち時間の短縮、十分な問診、検査のため、
  何卒よろしくお願いいたします。
  予約電話受付 9:00~13:00 / 14:00~18:00