Sayaka’s Room ちょっといい話 ~眼の病気だけでなく、眼と生活の質を向上させるためのアドバイスと治療を行っています!~

診療カレンダー

11月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829300102

:通常診療  :午前のみ診療  :休診日  :午後のみ診療

便利なオンライン予約ご予約希望の方はこちら

診療はご予約優先 お気軽にお電話ください 045-231-1103

主な目の病気について
メガネ・コンタクト処方

Sayaka’s Room ちょっといい話

Staff Blog

患者様の声

提携病院

けいゆう病院眼科

稲村眼科

スカイビル眼科

神奈川県立こども医療センター

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

病院まちねっと 当クリニックの院長がインタビューを受けました!

そこそこ便利な累進多焦点レンズ

皆さん、こんにちは。週末は雨のようですね。乾燥続きの冬、ドライアイの患者さんにとっては恵みの雨かもしれません。

さて今回も、外来で気になること、前回に続き眼鏡のお話です。

「遠近両用眼鏡はかけづらい。」「遠近両用眼鏡はクラクラするから、作ったけどかけない。」

え??勿体無いお話を伺いながら、いつもそう思ってしまいます。そもそも、遠近両用眼鏡と近視・遠視用眼鏡と老眼鏡は、まるで別物なのです。

遠近両用眼鏡は現在、《累進多焦点レンズ》が主流ですので、その特徴について。

①眼鏡をかけ外しする必要性が無い

→何よりも、その利便性が1番の魅力です。

②視線の使い方に慣れるまでに時間がかかる

→図のように、遠近両用眼鏡は、上で遠く、真ん中で中間(累進帯)、下で近くを見る構造になっています。どこを見たいかによって、自ら視線を変えなければなりません。

③ピントの合う場所が狭い

→ピントの合う位置が、上から下まで境目無く徐々に切り替わります。“見える距離が広い”代わりに、“見える場所は狭く”なります。

④幅の狭いフレームは適さない

→加入度(近くを見る為に必要なパワー=レンズの度数)が大きくなればなるほど、上下の度数差が発生します。その上下の度数差を無理なく一枚のレンズに納めるには、ある程度上下幅の広いフレームを選択する必要があります。

⑤遠近・中近・近々など、用途に合わせて選択が出来る

→運転重視・家事重視・パソコン重視…等、様々なライフスタイルに合わせて、ピントの合う距離の視野を広げることが出来ます。

⑥度の強さやレンズの質により、歪みの程度が変化しやすい

→単焦点レンズでさえ、度が強いほど構造上レンズ周辺部は歪みやすいですが、フレームの形やレンズの質で明らかな差が出るのが遠近両用眼鏡です。
最近の安価な眼鏡は、作るのが簡単なカーブのほとんど無いレンズを使用している為、前回の投稿に記載した視線とレンズの傾斜が全く合わず、疲れる眼鏡になっていたり、「階段を降りる時、地面が歪んで怖い。」と言った自覚症状に繋がってしまうことが多々あります。
より快適に、身体の一部になれるように、眼鏡をかけて頂きたいと思います。

»疲れる理由はメガネのせい?の記事はこちら



『2015年11月13日 Facebookにて投稿』

クリニック概要

JR根岸線・横浜市営地下鉄「関内」駅より徒歩3分

イセザキモールの眼科

カトレヤeyeクリニック

〒231-0044 
横浜市中区福富町東通1-1
カトレヤメディカルセンター3F

TEL045-231-1103(イイヒトミ)

診療時間
09:30~12:30
14:00~17:30

休診日 水曜・土曜午後・日曜・祝日

当クリニックはご予約診療とさせて
  いただいております。
  待ち時間の短縮、十分な問診、検査のため、
  何卒よろしくお願いいたします。
  予約電話受付 9:00~13:00 / 14:00~18:00