Sayaka’s Room ちょっといい話 ~眼の病気だけでなく、眼と生活の質を向上させるためのアドバイスと治療を行っています!~

診療カレンダー

12月
26272829300102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31010203040506

:通常診療  :午前のみ診療  :休診日  :午後のみ診療

便利なオンライン予約ご予約希望の方はこちら

診療はご予約優先 お気軽にお電話ください 045-231-1103

主な目の病気について
メガネ・コンタクト処方

Sayaka’s Room ちょっといい話

Staff Blog

患者様の声

提携病院

けいゆう病院眼科

稲村眼科

スカイビル眼科

神奈川県立こども医療センター

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

病院まちねっと 当クリニックの院長がインタビューを受けました!

白内障

皆さん、こんにちは蒸し暑い毎日ですが、体調管理を万全にお過ごしくださいね

今日は、誰もが避けて通れない《白内障》についてお話します。

質問:「私、白内障出てきていますか?」
(質問者は、60代以降の患者さんという設定)

答え:Yes
診察していなくても、「はい。あります。」
この質問、かなり外来で多く聞かれます。「えっ??」ショックを受けられる方もいらっしゃると思いますが、私は「でもね、それは、『私、なんで20代のままでいられないんですか?』『「私、なんで年をとるんですか?』と言っているようなものなんですよ。皆、平等に年をとりますよね^ ^?」とお答えします。

白内障とは、水晶体に起こるなんらかの理由で水晶体が混濁した状態です。水晶体は、主に水(65%)とタンパク質(34%)で出来ています。水晶体細胞は生涯に亘り細胞分裂・分化し続け、成れの果ては核として中心に蓄積していきます。

その為、加齢に伴い、若い柔らかな細胞が減り水晶体全体の弾力性が減少する(硬くなる)と同時に水晶体の核は硬く厚みを増していくことで、次第に近くにピントを合わせることが出来なくなり、【調節力が落ちる】【一時的に近くが見えやすい】【眼鏡が合わなる】などの症状を自覚するようになります。また、水晶体中のタンパク変性により無色→黄色化(混濁)が進み、【霞んで見える】【明るいところで見にくい・眩しい】【視力低下】【二重、三重に見える】などの症状を自覚するようになります。

濁る程度は勿論のこと、濁る場所により自覚症状の出方は異なります。初期には視力に影響は出にくいタイプ/初期から急激な視力低下を自覚するタイプ/生理的で非常にゆっくり進行するタイプ/夜間の運転時などに眩しさを感じやすくなるタイプetc…、様々です。

上記のように、“視力が落ちた=白内障がある”でも、“視力が良い=白内障が無い”でもないのです。そしてまた、“白内障がある→手術”でもありません。白内障以外の眼の状態・全身状態によって、経過を見るだけで良い場合と早々に手術をすべき場合もあります。

白内障の原因は、以下のように多岐に亘ります。
先天性・加齢・全身疾患の合併症(糖尿病・腎疾患・神経疾患など)・眼疾患の併発(ぶどう膜炎・緑内障など)・薬物性(ステロイドなど)・外傷性・放射線性・アトピー性などが挙げられます。

眼科では、専門の医療機器を用いて、ご自身では気付けない眼の不調や病気も見つけられます。眼科で行う定期検査は、《大切な眼を、より良い状態に維持する為のメンテナンス》です。是非、少しの変化や不安も気軽に相談できる、かかりつけ医を持って下さいね


白内障も色々…


『2015年7月17日 Facebookにて投稿』

クリニック概要

JR根岸線・横浜市営地下鉄「関内」駅より徒歩3分

イセザキモールの眼科

カトレヤeyeクリニック

〒231-0044 
横浜市中区福富町東通1-1
カトレヤメディカルセンター3F

TEL045-231-1103(イイヒトミ)

診療時間
09:30~12:30
14:00~17:30

休診日 水曜・土曜午後・日曜・祝日

当クリニックはご予約診療とさせて
  いただいております。
  待ち時間の短縮、十分な問診、検査のため、
  何卒よろしくお願いいたします。
  予約電話受付 9:00~13:00 / 14:00~18:00