Sayaka’s Room ちょっといい話 ~眼の病気だけでなく、眼と生活の質を向上させるためのアドバイスと治療を行っています!~

診療カレンダー

7月
25262728293001
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
30310102030405

:通常診療  :午前のみ診療  :休診日  :午後のみ診療

便利なオンライン予約ご予約希望の方はこちら

診療はご予約優先 お気軽にお電話ください 045-231-1103

主な目の病気について
メガネ・コンタクト処方

Sayaka’s Room ちょっといい話

Staff Blog

患者様の声

提携病院

けいゆう病院眼科

稲村眼科

スカイビル眼科

神奈川県立こども医療センター

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

病院まちねっと 当クリニックの院長がインタビューを受けました!

はやり目対策

皆さん、こんにちは!いよいよ、今年も残すところあと1ヶ月…早いですね。今年もアッと言う間に過ぎてしまいました。

先日、ニュース記事を投稿しました《はやり目》ですが、全国的に大流行しています。特に保育園や幼稚園のお子さんはお気をつけ下さい。

長引く最大の理由として、抗菌剤で狙い撃ち出来る細菌性結膜炎と異なり、はやり目の原因であるアデノウィルスに直撃出来る治療薬が存在しないことです。また、診断キットが各社から出ていますが、感度は70~90%とバラツキがあり、“陽性であれば確定診断が出来るが、陰性であっても否定は出来ない”と、なんともスッキリしない検査なので、何れにしても典型的な所見が無い限り確定診断が出来ない為、はやり目を疑ったら自ら感染を広めないように注意を払うことが大切です。

①目を触らない

→涙や目やにが感染源になります。

②こまめに石鹸で手を洗う

→手を介しての感染がほとんどです。患者さんだけでなく、ご家族も、お互いに感染しうつされないようにしましょう。

③タオルは使い回ししない

→ウィルスは水分が大好きです。手を拭く際はペーパータオル、目を拭くときはティッシュ。体を拭くタオルは、それぞれ専用の物を使いましょう。

④お風呂は控えるか、最後に入る

→お風呂のお湯ではウィルスは死にません。洗面器や湯船に残ったウィルスが感染源になることもあります。

⑤洗濯物は別々に洗う

→患者さんの衣類や枕カバー、シーツなどをご家族の洗濯物と一緒に洗うと、ウィルスをばらまいてしまいます。洗濯物には、熱湯をかけてから手洗いをしましょう。

⑥園や学校はお休みする

→患者さんが、涙や目やにが付いた手で触った物には、分泌物が乾いてからも2週間ほどアデノウィルスは生き続けますから、公共の場では特に注意が必要です。

ウィルスに勝つには、免疫力UPが大切です。心身ともに健康で、ストレスを溜めない生活を心がけて下さいね。お互いに、“うつされないように うつさないように”、一年最後の月を、快適にお過ごしください。


『2015年11月30日 Facebookにて投稿』

クリニック概要

JR根岸線・横浜市営地下鉄「関内」駅より徒歩3分

イセザキモールの眼科

カトレヤeyeクリニック

〒231-0044 
横浜市中区福富町東通1-1
カトレヤメディカルセンター3F

TEL045-231-1103(イイヒトミ)

診療時間
09:30~12:30
14:00~17:30

休診日 水曜・土曜午後・日曜・祝日

当クリニックはご予約診療とさせて
  いただいております。
  待ち時間の短縮、十分な問診、検査のため、
  何卒よろしくお願いいたします。
  予約電話受付 9:00~13:00 / 14:00~18:00