Sayaka’s Room ちょっといい話 ~眼の病気だけでなく、眼と生活の質を向上させるためのアドバイスと治療を行っています!~

診療カレンダー

9月
27282930310102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930

:通常診療  :午前のみ診療  :休診日  :午後のみ診療

便利なオンライン予約ご予約希望の方はこちら

診療はご予約優先 お気軽にお電話ください 045-231-1103

主な目の病気について
メガネ・コンタクト処方

Sayaka’s Room ちょっといい話

Staff Blog

患者様の声

提携病院

けいゆう病院眼科

稲村眼科

スカイビル眼科

神奈川県立こども医療センター

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

病院まちねっと 当クリニックの院長がインタビューを受けました!

心身共にリラックス~自律神経とドライアイ~

皆さん、こんにちは!いよいよ寒くなってきましたね。インフルエンザが流行りだしたようですから、くれぐれも加湿と体調管理を万全になさって下さいね。

秋から冬は空気の乾燥で、肌だけでなく眼も乾燥しやすくなります。大気中の湿度低下と共に、エアコン等による乾燥も追い打ちをかけることになります。涙の供給と蒸発量のバランスが崩れると、ドライアイの症状が出てきたり、悪化しやすくなります。吹き出し口の向きや風量にも気をつけ、充分な加湿を心がけて下さい。

さて、本日は《ドライアイと自律神経》についてお話し致します。

涙の分泌は、睡眠不足や目の酷使など、心身がストレスを感じて交感神経優位になると減少しやすく、心身がリラックスして副交感神経優位の時には増えやすくなります。ドライアイと併発しやすい頭痛や肩こりも、慢性的な交感神経優位による血流不全が原因のことも多いのです。

また寒くなると、自律神経によって、無意識に流れる血液を減らしており、熱が外に逃げないように体表面の血管を縮めます。血管を“縮める”為には交感神経が優位になり、血管が“広がる”為には副交感神経が優位になります。

お風呂に浸かると、目の乾燥が楽になるのを感じたことはありませんか?それは、湯気により湿度が上がるおかげなのです。ゆっくりぬるめのお湯に浸かれば、副交感神経が優位になり血行も良くなりますから、一石二鳥なのです。

なかなか湯ぶねに浸かれない方は、首を温めることも有効です。首には、眼や脳に血液を運ぶ頸動脈がありますから、温タオルで温めたり、少なくとも首元を冷やさないことが大切です。

これから寒さが厳しくなりますから、心身共にリラックスしつつ、ドライアイ対策もご一緒に。


『2015年10月20日 Facebookにて投稿』

クリニック概要

JR根岸線・横浜市営地下鉄「関内」駅より徒歩3分

イセザキモールの眼科

カトレヤeyeクリニック

〒231-0044 
横浜市中区福富町東通1-1
カトレヤメディカルセンター3F

TEL045-231-1103(イイヒトミ)

診療時間
09:30~12:30
14:00~17:30

休診日 水曜・土曜午後・日曜・祝日

当クリニックはご予約診療とさせて
  いただいております。
  待ち時間の短縮、十分な問診、検査のため、
  何卒よろしくお願いいたします。
  予約電話受付 9:00~13:00 / 14:00~18:00